>>HOME >>殿堂店

年間2千万人が訪れる横浜中華街・・・

この街で食事をするのは観光客の皆さんだけではありません。
私のような地元の貧乏オヤジが一人寂しく飯を”入れ”にくる場合もあるんだよ!

そんな薄寒いシチュエーションに
大通りのチャイナレッドはただただ眩し過ぎて、
つい、こんな店に流れ着いてしまうのさ・・・

しかし、500m四方に250もの中華店が連なるこの街でも、
こんなに商売っ気の感じられないお店があるでしょうか!

観光シーズンもなんのその。
どんなに混雑する週末でもきっちりと中休みをとるし、
目前をズバズバ歩いてゆく観光客達を、お店に誘い込む気もサラサラないときた!


もはや、営業中なのかも容易に分からんしな!

そもそも、この店頭・・・この暗さ・・・この干からびた料理サンプル・・・
地元民でも躊躇してしまうのに、一見の客がすんなり入れるはずが無いだろっ!
もしデートで迷い込んだら、破局確実じゃん!

年季が入った店内も薄暗い。
店のバァサン達が、丸テーブルに腰かけて、
ぼんやりテレビを見てるような昭和中華店風景よ。

でも、知っている人は、ちゃんと知っているのが、この名店!

お料理がね、地味においしいのよ!
値段もえらく安いしさ!

好きなんだわ〜!!

栄楽園:http://r.tabelog.com/kanagawa/rstdtl/14004346/

2009.5.31 残念ながら閉店いたしました。

あんなに静かなお店だったのに
ファンが連日行列をつくって別れを惜しみました

お店の名物はこのチャーシュー丼!

見たまんま、チャーシューをネギと和えてご飯に乗せた丼。
我々の観光心をくすぐりもしない素朴な一品だ。

そもそもチャーシュー丼なんて、ラーメンのサイドメニュー程度の立ち位置で、
丼界においてもいまいちパンチが薄い存在だよね。

しかし・・・・これがなかなかイケるのだ。!
ごま油薫る甘辛の特製ダレで和えたチャーシューが旨ぇんだから!

ふっくら柔らかくジューシーで、そこらのガチバサなもんとは格が違うぞ!
さっぱり辛いねぎとの相性は抜群だし、しかも安いときた!

もう、何も言うことは無いな!

ちなみに通常では薄切りのチャーシューが乗っているのだが、
注文の時「細切りで」と頼めば写真のように細切りにもできる。
丼の具としてはこっちの方が断然お薦めだ。

また、チャーシューはお持ち帰りも出来るからバァサンに聞いてみな!

チャーシュー丼に並ぶ名物メニューのとり肉丼。

柔らか〜に仕上げられた蒸し鶏のほぐし身を、
ネギ一緒にとピリ辛ダレと和えて、オン・ザ・ライスしちゃったもの。

これがまたやさしいお味で旨いのよ!
ガンガン掻っ込みたいよね!

素朴なお料理だけど、こういうものをしっかり作る栄楽園が好き!

やはり名物とされる揚げワンタンもいただこう。
味というより、食感とお手ごろさがウリなんだと思うふ。

シャクシャクなヤツを甘酢につけて食べる形。
これは完全にビールのあてですな。

豚バラ丼も安いんだわ。
償却がはるか昔に済んでいる家族経営の老舗店でしか出せない値だぞ!

まずはゴロッ柔らかに煮込まれた豚バラに注目して欲しい!

ちゃんとした皮付きです!!コラーゲンです!
こういうところに丁寧な仕事振りにじむんだよなぁ。
下には食感と口休めのレタスが敷いてある。

餡の味付けは素朴でマイルド。
よくある中華香料が目立つタイプでなく、
どこか家庭的でほっとしちゃうような丼なのだ!

今回は牛バラ丼をいただいた。
豚がコロッとしていたのに牛は平ら。
普通は逆の切り方が多いよね。

結論から言うと・・・こりゃ旨いぃぃい!
少々印象が弱く感じられた豚バラよりも大好きだ!

やはり香りもお味も優しい仕上がりの餡が、ネットリと口内を滑っていくよ。
肉は見た目以上にたっぷり入っていて豪華。
柔らかくトロリト仕上げられていて、付け合せの茹でレタスも良い感じ。

いや〜、あっという間に平らげてしまった。
オススメのメニューだぜ!

ワンタンスープはいかにもな中華スープ。

丼の中はレトロノスタルジックな世界に満たされているのだ。
ワンタンは肉のコクが出ているが、若干クセも出てしまっているかな。
量は十分で値は安いよね。

店内の冷蔵庫にはどう考えてもまかないにしか使わないテーブル調味量の数々。
千秋楽には白髪の爺さんも厨房から出てきて相撲を見ちゃうようなスローなお店なのだ。

ややウェットなチャーハンも安いわりにちゃんと海老も入ってる。
シンプルなんだけど、やっぱ具のチャーシューが旨くって、
ほの甘い感じ良いアクセントになってるの。

海老と玉子丼はふんわりというよりしっかり焼きで表面は半熟。
赤く散らしてあるのはチャーシューで、しっかり味のアクセントになってるんだよ。

何気に海老が多いし、見てくれよ!しっかり背ワタを除いてあるの!
普通このサイズだと面倒だからスルーする作業だぞ!

このお店の地味ながらも誠実な作りが良くわかるよな。

肉丼は厚切り豚とキャベツのあっさりトロミ炒めが乗ったもの。

注文の時、聞き返されたほど地味なメニューなのだが、
ご飯と良くマッチして・・・コレもうまいなぁ。

お持ち帰りのチャーシュー。
何で切ってみた写真とか無いんだろうね!

家で真似て、チャーシュー丼を作ってみたんだけど・・・

やはりプロの技があるみたいだ。
お店で柔らかいうちに食べたほうが断然旨いわ。

>>ホーム >>殿堂店
SEO [PR] カード お取り寄せ ルクエ 動画 無料レンタルサーバー SEO